交通事故に遭ったら

いくら自分が気をつけていても、ある日突然交通事故の被害者になってしまうということは誰にでもありえます。いざ被害者になってしまった時には、怪我をしてしまったりパニックになってしまったりして冷静に対応ができない可能性もあります。被害者になってしまった時にどうしたらいいのかを知っておくのは重要です。

事故に遭ってしまったら、まず警察に通報することが大切です。特に怪我がなかったり軽くこすった程度だったりすると、わざわざ警察に届けるほどではないと思ってしまう人もいます。また、加害者側にお金は払うから示談にしてほしい、通報はしないでほしいと申し出られることもあります。そのような場合でも、必ず警察に通報し、被害届を出さなければいけません。事故直後に相手が慰謝料を払うと言っていても、支払いを拒否してきたり連絡が取れなくなる可能性もあります。また、事故から時間が経ってから痛みや不調が出てきた時に、届け出をしていないと事故が原因であると証明しにくくなります。被害届を出せば警察が実況見分や事故報告書の作成を行ってくれるため、第三者から見た事故の状況を記録しておけます。

被害届を出したら、自分と加害者の保険会社に連絡をします。自分に過失がない場合、保険会社に連絡する必要はないと考えがちですが、相手との連絡や交渉を代行してくれたり、お見舞金が出ることもあるので連絡して損はありません。

相手との話し合いが順調に進めば、これだけで済むこともありますが、実際そううまくはいきません。交渉が難航している時、トラブルが起きた時にはどうすればいいのでしょうか。